ドライブデートにも注意したい、わずかな速度違反も取り締まる移動型オービス

自動車
スポンサーリンク

ドライブデート、楽しいですよね!
出発まではワクワクするし、デート中も2人っきりの空間で他人の目を気にすることなく親密な仲を築くことができることかと思います。

そんなハッピーな時間にもドライバーには気をつけておかないといけないものの1つが、「移動型オービス」
制限速度の約15km/hオーバーでも光ったという話なので注意する必要があります。
せっかくの幸せなデート、最後までスマートにいきたいですもんね!

移動型オービスは高速道路だけじゃない!!

この移動型オービス、高速道路だけではなくそのへんの道路にも導入されているので要注意!!
普段運転されている方なら今や当然のことと思っていらっしゃるかもしれないが、カーシェアリングサービスが進んでいるなか今や自動車を所有していない人も増えています。

ちょっと遠出したいとき、たまにはドライブデートでもしたいなって時にしか運転しない人にとっては寝耳に水。
実は自分もたまにしか運転しないので最近の道路状況に戸惑うこともあります。

移動型オービス、どんな見た目をしてるの?

写真のように、三脚とその上にカメラが乗っかっているもので持ち運びは簡単。
価格は従来の約1/3となっているので、従来式の固定型を撤去して移動型への移行がすすでいるところもあるとか。

どれだけ普及してる?対策はどうしたらいいの?

この移動型オービス、主要都道府県(37)にはすでに行き渡っているようで、交通事故死削減の目標を掲げている警察が本腰をいれて対策を入れてくるのではないかといわれています。
年始の仕事初めのせいかな?と思っていましたが、たしかにここ最近我が家の近所や外出先々でもよくパトカーや警官を目にします。

そんな移動型オービスに引っかからないようにするにはどうしたらいいのか。
従来の電波式とは違いレーダー式を採用しているので、いままでの探知機では反応しません
最近ではレーダーにも反応する探知機が各メーカーからも販売されているので、そちらを用意する必要があります。

今までの固定式であればオービスの場所を把握できていたので、探知機を購入していない人もいたでしょう。
ただ、今の時代は移動式。
どこにオービスが設置されているのかわからない今、探知機の購入はしておいた方がいいかもしれません。
もちろん制限速度を守ることは大前提ですが、約15km/h超過で切符を切られるのはなかなか厳しい気がします。

高速道路だけでなく、普段運転するような道路にも設置されることがあります。
デートだけでなくても友達や家族との楽しい時間を大切にするためにも、僕自身まず安全運転を心掛けていきます。

Photo by why kei on Unsplash