女の子に知ってる男をアピールできる!?コーヒーの淹れ方の種類

スポンサーリンク

コーヒーの種類について記事を書きましたが、引き続きコーヒーネタ。

コーヒーの淹れ方もいろいろありますよね

せっかくなのでもうちょっと知識をいれて違いのわかる男になっちゃいましょう笑

 

ドリップ

家庭でよく見るアレ

ろ紙(ペーパーフィルター)がコーヒーオイルを吸収するので、すっきりとした口当たりのコーヒーが楽しめます

ネルドリップ

柔らかいネルにに粗めに挽いたコーヒー豆を入れてゆっくりお湯を注ぎます

コーヒーオイルが抽出されやすい

サイフォン

下側の容器に水を入れ、底にフィルターを設置した上側の容器にコーヒー豆を入れる

下側の容器は火で加熱し、沸騰した水お湯になり、蒸気圧による加圧で上側の容器へ移動する

上側の容器でコーヒー成分が湯に抽出される

下側の容器の火を止めてお湯が冷えてくると、今度は減圧によってフィルターを通って下側の容器へ移動する。

そんな形でいれられるのがサイフォン式

フレンチプレス

美味しいコーヒーを手軽に入れられることで人気な方法

コーヒーとお湯が触れている時間が長いので味もしっかりとでます

パーコレーター

一見するとただぼのポット。

金属製のフィルターとその真ん中に中空の金属管がついているものを中に設置。

お湯を沸騰させるとポット内が加圧されて、金属管の下からお湯が上昇して金属管の上部へ移動、金属フィルターのコーヒー豆にお湯が入れられていく仕組み

マキネッタ(直火式エスプレッソメーカー)

バーコレーターと同じように、沸騰したお湯が金属管を通って上昇し、コーヒー豆→フィルターを通って上部ポットにコーヒーが溜まっていく仕組み

イタリアの家庭でも親しまれている抽出方法

ウォータードリップ

水出しコーヒー、ダッチコーヒーとも言われる苦味のないすっきりとしたコーヒーが飲める

エスプレッソマシン

非常に細かく砕かれた豆を圧縮させ、圧力をかけてお湯を通してコーヒーを抽出。

コメント